本文へスキップ

京都料理飲食業国民健康保険組合は飲食業を営む方のための国保です。

電話でのお問い合わせは TEL.075-256-3326

〒604-0951 京都市中京区二条通富小路東入673-2
京都料飲国保会館4F

保健事業について




料飲国保では保険給付だけでなく、みなさんが健康で元気に過ごせるように、さまざまな事業を実施しています。健康診断の実施をはじめ、健康施設利用の斡旋や冊子の配付などを総称して「保健事業」と呼んでいます。
他にはない料飲国保ならではの事業が充実していますので、みなさんの健康の保持増進にご活用ください。

健康診断の助成事業

健康を保つためには、日常の生活習慣の見直しも必要ですが、健康なときこそ健康診断を受けて、自覚症状が現れない病気の有無やからだの変化をチェックして、健康状態を知ることが健康管理の基本です。

特定健診・特定保健指導
○特定健診
生活習慣病の予防を目的に、メタボリックシンドロームの予防・解消を目的として実施しています。
40〜74歳までの被保険者の方が対象となり、年1回毎年受診していただく必要があります。健診については、半日人間ドック・ミニ人間ドック・特定健診・組合健診より選択してください。(すべて特定健診の検査項目が含まれます)
健診補助出来るのは、1年度内1回限りとなります。

○特定保健指導
健康診断の結果より、メタボリックシンドロームの該当者と予備群の方を対象に生活習慣 の改善を目的に保健指導を実施しています。

?半日人間ドック

総合的な健康診断です。
[40歳以上の被保険者を対象とし自己負担額は2万円]

?ミニ人間ドック

半日人間ドックより検査項目は少なくなりますが、同じく総合的な健康診断です。また がん検診も追加されています。
[40歳以上の被保険者を対象とし自己負担額はありません]

?特定健診

内臓脂肪の検査を中心に、血糖・脂質検査等を行います。
[40歳以上の被保険者を対象とし自己負担額はありません]

?組合健診

特定健診項目に労働安全衛生法の法定項目を追加した検査です。
[事業主と従業員を対象とし自己負担額はありません]
※当該年度4月1日現在加入の方に限る

?その他の健診事業

節目健診
年度内に節目の年齢に到達する方については、「?半日人間ドック」を全額組合負担とします。 [年度内に40・45・50・55・60・65・70歳に到達の被保険者]

脳・肺ドック
半日人間ドックと同時受診、もしくはミ二人間ドック・特定健診・組合健診と同時受診又は受診後。 [40歳以上の被保険者を対象とし自己負担額は脳ドック2万円、肺ドック1万円]

歯科健診
むし歯、歯周病等の口腔内の検査。 [20歳以上の被保険者を対象とし自己負担額はありません]

その他の助成事業

?インフルエンザ予防接種助成

インフル工ンザの予防接種を受けられた被保険者1人につき1,500円を上限に助成を行います。

 対象者 0〜64歳の被保険者 
 接種期間  10月から翌年2月

ご注意! ワクチン接種は副作用・アレルギ一反応が全くないわけではありません。アレルギーをお持ちの方や、体調の悪いときなどにワクチン接種をすると、高熱が出ることがありますので、予防接種をされる前には医師と十分相談をして、安全に接種するようにしてください。

?健康世帯に対する記念品の贈呈

1年間無受診の世帯に対し、財政運営の貢献に対する感謝の意昧で記念品を贈呈します。

?医療費通知

医療機関からの請求内容を2ヵ月に1回通知(奇数月)しています。医療機関にかかったら必ず“明細書付き領収書”をもらい照合してください。万一おかしい点がありましたらご連絡ください。

?後発医薬品(ジェネリック医薬品)使用促進の通知

医療機関、薬局からの請求内容のうち、自己負担額が下回ると見込まれる被保険者を対象に通知しています。
通知が届いた方は、医療費抑制のためにご協力ください。

?育児図書の送付

被保険者が出産したとき、赤ちゃんの育児や病気の参考図書と1年間月刊誌を送付します。

?家庭常備薬等のあっせん

医療費の削減を目的に家庭常備薬とがんの自己検診を安価にてあっせんします。

?健康施設の利用補助

プール・トレー二ングルームの一部利用補助をします。


京都料理飲食業国民健康保険組合

〒604-0951
京都市中京区二条通富小路東入晴明町673-2 
京都料飲国保会館4F
TEL 075-256-3326
FAX 075-256-6438